スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

take a deep breathe

わあわあ、すごい久しぶり。
年末は死ぬほど忙しいですね!
忙しかったのもあるんだけど、なんかblogを書くのに気負ってしまって。(そんな大したこと書いてないくせに!笑)
これからはもっと気楽にblogを書こうと思います?。すごいテキトーになっていきそうだな…。


最近は映画を観てます。「マルコヴィッチの穴」と「エターナル・サンシャイン」観た。
実は、なんとなく手に取ったものだったんだけど、両方とも脚本がチャーリー・カウフマン!


being_john_malkovich_ver3.jpg

「マルコヴィッチの穴」1999年
"人形師のクレイグと、ペットショップ店員の妻ロッテは倦怠期の夫婦。クレイグは定職に就こうと、天井が低くて立つことのできない7階と8階の間=7と1/2階にある "LesterCorp" に事務員として就職する。
ある日、クレイグはオフィスの壁に穴を発見する。それは15分間だけ俳優ジョン・ホレイショ・マルコヴィッチの頭の中に繋がるという不思議な穴だった。これを使い、上司の美女マキシンと共に商売を始めるが、マルコヴィッチの穴は、彼と妻ロッテの人生を大きく狂わせていくことになる。"


我らがスパイク・ジョーンズ監督作品!めちゃめちゃ面白い!(人によって意見がわかれるらしいけど…)
ちなみに、ジョン・マルコヴィッチは有名な俳優です。

キャメロン・ディアスがしばらく誰かわからなかった。(彼女にしては地味めな役回りな気が…)で
もやっぱりかわいい。
展開にすごく引き込まれました。この内容思いついたのはすごい。観る前はなぜかふつーに地面にあいてる穴を想像してたんだけど、「そう意味か?!!」ってなりました。
そして深すぎるので多分もう一回観ると思います…(笑)

学校の図書館で観たので、初回限定の豪華ブックレットもついてた!また今度ゆっくり読もう。
てかなんでマルコヴィッチなのだろうか?すごい気になる。


1015482_l.jpg

「エターナル・サンシャイン」2004年
"もうすぐヴァレンタインという季節。平凡な男ジョエルは、恋人クレメンタイン(クレム)と喧嘩をしてしまう。何とか仲直りしようとプレゼントを買って彼女の働く本屋に行くが、クレムは彼を知らないかのように扱い、目の前でほかの男といちゃつく始末。ジョエルはひどいショックを受ける。やがて彼はクレムが記憶を消す手術を受けたことを知る。苦しんだ末、ジョエルもクレムの記憶を消し去る手術を受けることを決心する。手術を受けながら、ジョエルはクレムとの思い出をさまよい、やがて無意識下で手術に抵抗し始める…… 。"

ミシェル・ゴンドリー監督作品。
勝手にジャケットの感じからもっと軽い作品なのかと思ってました。(あのDVDケースのデザイン好きじゃない)
途中まで内容混乱するし、ジョーとクレムが記憶の中を移動しまくるからちょっと酔った(笑)
でもラストでは号泣!いやあ、恋っていいですね…!

クレム役のケイト・ウインスレット(タイタニックなどに出演)はほんとに美人。今回この映画の中では様々な髪の色をしていて、見ていて楽しい。クレムみたいな性格になりたいなあ!
あとキルスティン・ダンストっていつもああいう役だなあって思った(笑)確かに見た目小悪魔的だしね…
とっても映像が美しい作品でした。



年末年始はひとりでDVD祭りしようと思います!
やっと新しいPCゲットしたので、私の一番好きな「部屋の隅っこでPCでDVDを観る」ができるーーー^^
とりあえず他のチャーリー・カウフマン作品とブラウン・バニーとKIDSが観たい。



※ストーリーはwikiからです(笑)あらすじ書くの苦手なの!時間かかるし……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

n

Author:n
22歳の日々。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。